講習一覧

高齢者講習

2017年3月12日の道路交通法の改正により、免許更新時の高齢者講習の内容や時間が、合理化又は高度化されました。
特に75歳以上の高齢運転者の方は「認知機能検査」の結果に基づいた講習を受けなければなりません。
高齢運転者は自動車の運転のベテランです。
しかし加齢による身体的能力は若いときと同じではなくなってきます。
そのことを理解し変化に応じた運転を行うことで安全運転を続けることができます。

高齢運転者(70歳以上)の免許更新手続き

高齢者講習会の流れ

 

ペーパードライバー講習

免許を取得してから何年も運転をしていない人を対象とした講習です。
お客様のご希望内容と教習時間をご相談の上、講習を行います。 

 

初心運転者講習

交通違反を行い、受講通知を受け取った方を対象とした講習です。
法令を正しく守り、慎重な運転をするよう指導いたします。
講習時間は、普通免許は7時間、原付免許は4時間です。

詳しくは、お問い合わせください。